ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」
ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」
ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」
ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」
ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」
ポルトガルのテーブルウェア・ブランドCOSTANOVAとフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュのコラボレーションシリーズLE JARDINのフラワーベース「ディアボロ」

COSTA NOVA(コスタ・ノバ)
LE JARDIN
ディアボロ

¥ 10,450 税込
[ WEB SHOP会員 : 95 ポイント プレゼント!]

在庫がございます。

残りわずかです。

ただいま在庫がございません。

商品・在庫についてのお問い合わせはこちら

クリスチャン・トルチュの代表的なデザイン、「ディアボロ」

「ディアボロ」は、クリスチャントルチュの花器の中でも最もポピュラーなデザインです。
表裏の中央部分にある円形のくぼみが、美しいデザイン性だけではなく花止めの役割もはたしているので活けやすく、実用性も兼ね揃えたデザイン。
しっかりとした重みと安定感がありコンパクトでスマートなボディは、食卓でもスタイリッシュに植物の魅力を楽しむことができ、テーブルコーディネートにも最適です。

※ご確認ください※
この商品はまれに水漏れがある場合がございますので、ご利用前に、水にぬれてもよい場所に水を入れた商品を一晩ほど置いて、水漏れの有無を確認いただくことをお勧めしております。

コスタ・ノバとクリスチャン・トルチュのコラボレーション。ホーム・デコールシリーズ 「LE JARDIN」

自然の美しさ・力強い魅力を現代の日常生活の中に巧みに取り入れるクリスチャン・トルチュの感性と、コスタ・ノバとのコラボレーションで展開するホームデコールシリーズ、LE JARDIN。

クリスチャン・トルチュならではの実用的でスタイリッシュなデザインを、 マデイラやリスボンで使われている透明感のある釉薬による深みのある美しい色味や、マットでシックな黒で提案。
花を生かすだけではなくオブジェとしても存在感のあるアイテムは、創造的な感性を刺激し、暮らす人の毎日をより美しく、豊かにしてくれるでしょう。

フランスのフラワーアーティスト、クリスチャン・トルチュについて

フランスはロワール生まれのフラワーアーティスト、クリスチャン・トルチュ。
ロワール地方の美しく豊かな自然の中で成長する中で育まれた自然への深い想いと、独自の鋭い視点から生まれる革新的なアイデアで、「トルチュ・スタイル」といわれるスタイルを確立し、多くの人を魅了してきました。

トルチュは自然の素朴な魅力と力強さ、都会暮らしの感性を融合した現代にマッチしたArt de vivre=美的生活を提唱し、現在ではフラワーアティスとしての活動にとどまらず、テーブルウェアやインテリア、ホームアクセサリーの分野でも精力的に活動しています。

サイズ 幅18.6 x 奥行き7.6×高さ18.3 cm
容量 1.38 L
仕様    ストーンウエア製。
使用上の注意 水を入れてご利用される際は、濡れてもよい場所に水を入れた状態で一晩ほど置いて、水漏れがないことを事前にご確認の上、ご使用ください。






4.50
2
  • 購入者
    石川県 60代 女性
    投稿日
    とても生けやすい花器です。飴色は和の花材にも相性が良く上手く収まります。 購入して大満足です。
  • 非公開
    投稿日
    黒の花瓶 、茶色の花瓶を購入させて頂きました。 購入したサイズも、お花を活けた感じもとても良かったです。 お色で悩みましたが、 黒はマットな質感がモダン、 茶色はカントリースタイルとマッチする。。。 と悩みに悩んで両方頂きました。 使用した時に思ったのですが、 実用的に考え抜かれていると感じました。 水換えの際など、真ん中の窪みに指が留まり、滑り難い 落とし難いのでは? と思いました。 お花の魅力を引き立ててくれ、購入して良かったと感じています さらに要望としては、違うサイズも展開して頂けるとお花の表現の幅が広がるのでは? と思いました。